« ハドソンSAA NEWフロンティア | トップページ | HWは塗り? ドブ漬け? »

2006年5月20日 (土)

マルシン モーゼル M712

Dscf0466_2 今回はマルシン モーゼル M712 HWモデルです。

正直、今回初めて手にすることが出来ました。その細身の本体から想像するよりズシッと重く、ダーミーカート仕様ですのでボルトとロッキングブロックがキチンと噛み合うロックドショートリコイルが再現されています。けっこうこんな所をキチンと再現してあるのは嬉しいですよね。

Dscf0492_1 写真は400番のペーパーで磨いた所です。一部手付かずの部分がありますが・・・。

本当のことを言うと、ここまでの作業に丸4日掛かってしまいました。

形状的な関係で一部180番と240番のペーパーから磨いたということもありますが、「狭い平面が曲面と繋がっている」「狭い平面のエッジ部が曲面に接している」凄く難しいというのが作業に時間が掛かった本当の理由です。

Dscf0494c_1 最も時間の掛かった部分の写真です。

先ず、点線の部分をいつもの要領でグルグル巻きのペーパーで磨き、次に②の部分の平面と③の部分の曲面を出しながら点線部分と繋げていきます。

最初の点線部分を磨くと、必ず②の平面と③の曲面の点線部分との接合面が乱れてしまいますので、それぞれ慎重に②と③の面を出しながら点線部分に繋げていきます。そのとき点線部分の面に干渉しないように作業を行わないと、その面までが乱れてしまいます。(写真では③の部分の曲面が、まだ綺麗に出ていませんね。)

正直、私の最も苦手とする作業内容です。もっと効率良く綺麗に仕上がる方法は無いものかな~、といつも思っています。

次は①の部分の平面出し。この様な形状の平面は赤丸で印を付けた部分が乱れやすくなります。各部エッジを丸めないことは基本ですね。でもこの様な狭い平面はその作業すらも大変です。

①の平面出しで注意しなければならない事は、平面を出すことに夢中になり②の部分との接合部エッジが前下がりになり易いことです。

Dscf0493

毎回、実銃の写真を見ながら作業をしているのですが、マルシンM712の各エッジの甘さが一番気になりました。

エッジを立てながらの作業。ここまではうまく行ってるようです。この後の磨きでタレさせないように注意しなくては・・・。ただ、元々浅かった矢印部分の刻印が完全に消えてしまいました。

Dscf0496 フレームはそれほど難しくはありません。ただ、この様に広めの平面部のヒケを取り除くのが大変なだけです。

これも、薄かった刻印が完全に消えてしまいました。

Dscf0497 フロントサイト。

これもけっこう面倒な形をしています。まだ綺麗な面が出ていませんね。

まだまだ400番のペーパーでの作業に時間が掛かりそうです。

それから消えてしまった刻印はどうしよう?再刻印しようか?とかも考えてます。ですがそれはもっと後の事になりますよね。

« ハドソンSAA NEWフロンティア | トップページ | HWは塗り? ドブ漬け? »

MAUSER M712」カテゴリの記事

コメント

で、でましたね!!ほんと、このモデルは珍しいらしいですね。もう二度と出てこないだろうって代物ですよね。
できあがりを楽しみにしてます。

はじめまして、スッテンとんぷと申します。WWⅡ当時のステンマークとトンプソン、それにMP40、百式、PPshなどのサブマシンガンが大好きな私ですが、実はフルオート機構がついたM712ファンでもあります。20年前位に、ABSキットのものですが購入して当時はよく発火させたものでした。今でも各部の異常はなく、完動状態ですが、コレクションとして所有しています。

しかしながら、ABSではリアルさが全然ないものですから、昨日、「EXHW」とされるものをオークションで落札させました。(入札時、EXHWについて質問しましたが、「ABSより重いです。」という回答をいただいただけでした。)
このEXHWのものを調べているのですが、なかなか資料が出てきません。EXHWとHWの違いがわかりませんし、マルシンからHW系のものが2種類も販売されていたのかどうかもです。

また、私が落札したものは、発火式ということなのですが、HWのものはその強度からダミーカート式だという資料は見つかるのですが、発火式のものもあるという資料は見つかりません。

何かご存知出れば、この点(EXHW 発火式)についてご教示をお願いします。

P.S
参考にさせていただいて、私もHWのブルーイングに挑戦したいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハドソンSAA NEWフロンティア | トップページ | HWは塗り? ドブ漬け? »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Link

  • YouTube マイチャンネル
    当方のYouTubeチャンネルです。 少しずつ動画をupしていこうと思っていますので、よろしければご覧ください。 チャンネル登録をして頂ければ凄く嬉しいです。
  • QUESTO!!
    こちらはブログと同名のよしむねさんのホームページ。美しい写真が沢山紹介されてます。
  • QUESTO!!
    塗装やブルーイングでカスタムされたコレクションや、その作業工程をしょうかいしている、よしむねさんのブログ。凄く参考になります。
  • 気ままな歳時記 ~Carefree Diary~
    一見無機質にも感じてしまうのですが、各所に管理人である飛梅さんの人間味を感じることの出来るとても魅力的なサイト。 写真を交えたレポート記事は細部にわたりとても参考になります。 トイガンに対する厳しくも暖かい想いが感じられる素敵なblogです。
  • I Love Western Arms
    言わずと知れた超有名サイト。特にWA Listは圧巻、一目で発売時期やバージョンを知る事ができます。その他レア情報も沢山。管理人のflat_out さんは楽しくも優しい方で、ファンの方も多いんじゃないでしょうか。
  • モデルガンミュージアム・偽レーサーT写真館
    プロ顔負けの美しい写真と、管理人・偽レーサーTさんの人柄が魅力のホームページ。活発に意見交換や情報交換(バカ話やエロ話やエロ話や・・・、ウソです)されているゲスト館が毎日賑わってます。このゲスト館に写真UPするのが写真上達への近道かも。
  • Nanchan's Custom Gun
    当ブログ管理人Nanchanのホームページです。 コルトSAAモデルガンを主に扱ってます。その他、ブルーイング処理を施したモデルガンの販売や、ブルーイングのご依頼も受付けてます。 お時間があるときにでも覗いてみてください。
  • 大人買い モデルガン
    隙のない技術とこだわりを持って施されたカスタムメイド作品の数々を紹介されています。その透き通るようなブルーイングは「美しい」の一言に尽きます。
  • Nanchan's Beretta
無料ブログはココログ

ウェブページ

フォト