« HWS SAA アーティラリー ケースハードン ~完成!! | トップページ | WAベレッタM92FS スライド バレル »

2006年3月 1日 (水)

WAベレッタM92FS 再開1日目

やっとM92FSのスライドが手に入りました。と言うより、もう1挺程度の良い中古を購入しました。

スライドのみの入手は、どうしても不可能でした。

今回の予定もスライドのみのサイドブルーです。

ただ、今回は手順を変えて金属パーツからブルーイングを行ってみたいと思います。

スライド側面以外は東美化学「トップガード」での塗装予定ですのでその色合いのイメージにあわせて研ぎ出しと色調整をしました。

Dscf0134 金属パーツで重要なのは往復させるのではなく一方方向にだけ「研ぐ」ということです。

それからHW樹脂でもそうですが、エッジをタレさせないということ。

写真はスライドストップですが、矢印方向に削ってやれば各エッジをタレさせることが少なくて済むようです。

エッジをたれさせないコツはエッジと並行に研ぐか、タレさせたくないエッジに向かって研ぐことだと思います。

そして鋭角なエッジはタレ難く鈍角なエッジほどタレ易いので、鈍角なエッジをタレさせないことを優先させるように作業した方が良い結果が出るようです。

うまく仕上がればちょっとした削り出し製のパーツにも引けをとらない仕上がりになりますよ。

Dscf0142 「研ぎ」と「磨き」を明確に分けるなら今回の作業では「磨き」を行っていません。電動ツールのラバービットと400番のペーパーのみで「研ぎ及び磨き」を終了させました。。

その状態でブルーイングに入ります。そしてブルーイング終了後もいわゆる「磨き」を行わず、柔らかい綿布でスラッジを拭き取るというか磨き取りました。

銃の種類によってはこの様な感じが、それらしく仕上がってくれます。

ブルーイングとはテカテカでピカピカ出なければならないという考えでは、この様な方法は邪道なのかもしれません。

ですが、この様な方向性とういうか様様な仕上がり具合を求める幅もある「表面処理」ではないのかな?と思ってます。

少なくとも写真ではノーマルパーツとは見違えるほどの仕上がり感になってると思います。

皆さんはどの様に感じましたか?

« HWS SAA アーティラリー ケースハードン ~完成!! | トップページ | WAベレッタM92FS スライド バレル »

M92FS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HWS SAA アーティラリー ケースハードン ~完成!! | トップページ | WAベレッタM92FS スライド バレル »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Link

  • YouTube マイチャンネル
    当方のYouTubeチャンネルです。 少しずつ動画をupしていこうと思っていますので、よろしければご覧ください。 チャンネル登録をして頂ければ凄く嬉しいです。
  • QUESTO!!
    こちらはブログと同名のよしむねさんのホームページ。美しい写真が沢山紹介されてます。
  • QUESTO!!
    塗装やブルーイングでカスタムされたコレクションや、その作業工程をしょうかいしている、よしむねさんのブログ。凄く参考になります。
  • 気ままな歳時記 ~Carefree Diary~
    一見無機質にも感じてしまうのですが、各所に管理人である飛梅さんの人間味を感じることの出来るとても魅力的なサイト。 写真を交えたレポート記事は細部にわたりとても参考になります。 トイガンに対する厳しくも暖かい想いが感じられる素敵なblogです。
  • I Love Western Arms
    言わずと知れた超有名サイト。特にWA Listは圧巻、一目で発売時期やバージョンを知る事ができます。その他レア情報も沢山。管理人のflat_out さんは楽しくも優しい方で、ファンの方も多いんじゃないでしょうか。
  • モデルガンミュージアム・偽レーサーT写真館
    プロ顔負けの美しい写真と、管理人・偽レーサーTさんの人柄が魅力のホームページ。活発に意見交換や情報交換(バカ話やエロ話やエロ話や・・・、ウソです)されているゲスト館が毎日賑わってます。このゲスト館に写真UPするのが写真上達への近道かも。
  • Nanchan's Custom Gun
    当ブログ管理人Nanchanのホームページです。 コルトSAAモデルガンを主に扱ってます。その他、ブルーイング処理を施したモデルガンの販売や、ブルーイングのご依頼も受付けてます。 お時間があるときにでも覗いてみてください。
  • 大人買い モデルガン
    隙のない技術とこだわりを持って施されたカスタムメイド作品の数々を紹介されています。その透き通るようなブルーイングは「美しい」の一言に尽きます。
  • Nanchan's Beretta
無料ブログはココログ

ウェブページ

フォト